INFORMATIONお知らせ

2019年「24時間テレビ42」協賛報告書

2019.08.24 | ウェルキャブ通信

24時間テレビ42「愛は地球を救う」への番組連動企画として協賛

 

  8月23日・24日、FBC福井放送本社「24時間テレビ」の募金会場にて、当社ウエルキャブ・参考出展車、など計11台を番組と連動した企画として協賛展示しました。

 この企画は、媒体の福井放送、当社の福祉社車両部門、広告代理店との三社で協力をし、イベントの盛上げ企画(来場施策)として福祉車両ウエルキャブの大量展示説明会をする。 そこでウエルキャブの知名度アップや情報収集に繋げる様にと取組んで6年目となり、募金会場でのウエルキャブ展示も定番になりました。昨年に続いて(公社)福井県理学療法士会も参画していただき、当日会場での相談に同席して理学療法の面からもアドバイスしていただきました。 ミクニライフ&オート北陸(ニッシン自動車工業北陸)や福祉タクシー「エンゼル」さんも恒例参加で当社ブースにてスタッフとして一緒に協力して頂きました。

 告知のスタートは、当社ウエルキャブステーションにて撮影した15秒動画を事業告知として2週前より40本次にパブリシティとして90秒動画撮影を前日(金曜)の夕方情報番組「おじゃまッテレ」の中で紹介して頂きました。

 

 



 

≪展示車両≫ ・スペイド/助手席回転チルト車 ・シエンタ/車いす仕様車 ・ヴォクシー/車いす仕様車・ヴォクシー/サイドリフトチルト ・レジアス/車椅子仕様タイプA・B・C

 

≪参考出展≫ ・アクア/運転補助装置デモカー ・タンク/Pクレーン装着デモカー ・ヴォクシー/福祉タクシー及び ・プリウスPHV(被災時の給電実演) の計11台を展示しました。



 

 当日は番組内リポートを、14:00~ローカル枠内で生中継で放送して頂き、ウエルキャブの実車展示と乗車体験で誘致。 また、理学療法士による移乗時の相談(カウンセリング)や、 当社中道社長も出演してプリウスPHVの被災時給電支援の話があり、今回はチャリティ販売しているソフトクリームも給電によって作っていると説明。




 

 福祉車両ウエルキャブやプリウスPHVを一堂に展示しての相談会を催す事で 「24時間テレビ」募金会場(FBC福井放送・本社)の盛り上げになる様に努めました。

 福井県理学療法士会のカウンセリングコーナーと 運転補助装置メーカーの ミクニライフ&オート北陸さんのカスタマイズ相談コーナー や 介護タクシーの紹介といった社外からの協力もあり大変充実したイベント内容となりました。 また、例年人気のチャリティ「ソフトクリーム販売」も無事完売をして、 売上金(約5万円)を 中道社長から FBC福井放送の 池内社長に手渡しで募金させていただきました。

 



後書き

 今年で42回目となる「24時間テレビ」に参加してみて、お客様や視聴者の方に広く深く根付いた番組であると強く感じました。 そのような番組に協賛することでまだまだ認知してもらう余地のあるウェルキャブやそれに関わる活動を幅広くアピールしていくことができると思いました。

 また福井県理学療法士会、・ミクニライフ&オート北陸の方々には今回もご協力いただき、より広い分野でのアピールができましたし、とても充実したイベントになりました。

 当日は朝方のゲリラ豪雨の影響もあり、蒸し暑い1日となりましたが、全員が同じチャリTシャツを着て頑張っていただいたおかげで、来場いただいたお客様に笑顔を届けることができました。みなさん大変ご苦労さまでした、そして ありがとうございました。

 

 


ネッツトヨタ福井・ウエルキャブステーション本部

法人営業部・笠松俊之 H31年9月8日



一覧に戻る

おすすめ情報PICKUP

営業時間短縮新型コロナウイルス感染防止としての対応
現在開催中キャンペーンはこちら